歯のヤニ取り歯磨き粉で落ちない?おすすめなタバコのヤニ取り方法

タバコを日常的に吸っている方、歯がヤニのせいで黄ばんでしまうというお悩みをお持ちではないでしょうか。タバコのヤニやコーヒー、ワインなど色の濃い食べ物、飲み物の色素が表面に付着すると、ステインという物質に変化してしまいます。このステインが黄ばみの原因となり、一度付着してしまうと、普段通りの歯磨きではとれなくなってしまいます。
タバコによるヤニ取りは、専門の歯科医の先生にお願いするのが最も効果的で確実ですが、やはり予定が合わないということや、値段が高くなってしまうということもあり、すすんで通院したいという方は少ないかもしれません。
そこで、ご自宅でできるヤニ取りのおすすめの方法としては、まず重曹を使って歯磨きをすることが挙げられます。重曹をコップに入れ、水を少し入れてからかき混ぜます。これをブラシにつけて歯を磨くと、ヤニ取りに効果的なのです。重曹が、汚れと結合しているタンパク質を加水分解し、研磨作用によって汚れをこすり落としてくれます。
また、市販の歯の消しゴムを使用するという方法もあります。手順は、歯の水気をティッシュなどで拭い、白くしたい部分を消しゴムで擦るだけです。一度使うだけでは効果は見えませんが、何度も繰り返し行っていると徐々に効果があらわれてきます。
ほかにも市販のホワイトニングペンやホワイトニングテープなどを使用するという方法もあり、自宅でのヤニ取りだけでも様々な方法があります。ご自分に合った方法を選んで、真っ白な歯を手に入れてくださいね。